プロトタイプ速報

 
 
プロフィール

prototypevip

Author:prototypevip
FC2ブログへようこそ!

おすすめ
記事紹介サイト様
フリーエリア
リンク
免責事項
公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。
フィギュア





ブログランキング
フリーエリア
フリーエリア

【画像】マイナス195度の液体窒素に手を入れてみた 




1:名無しさん:2014/04/11(金)21:39:04 ID:MBoJWbFGR
まず最初に紹介したいマッドネスは、”著者自らの手を危険に曝す”という章である。
まさか著者の名前の「テオ」と掛けたわけでもないのだろうが、超低温から超高温、そして猛毒といった様々な環境の中に「手を」突っ込んでいく。

たとえばマイナス195度以下の液体窒素の中に手を沈めるとどうなるのか、それを試したのが以下の写真。





即、凍傷にでもなってしまうのかと思いきや、驚くべきことに「冷たさすら感じることはなかった」とのこと。
著者の手が液体窒素に触れた瞬間、気化した窒素ガスによる保護膜が作られ、安全が保たれたということなのだ。
ただし、一瞬であればの話。これはライデンフロスト効果と呼ばれる現象であり、熱したフライパンの上で水滴が踊るのと同じ原理によるものである。

さらに、このライデンフロスト効果、反対方向の熱いケースでも同じように作用する。
下記の写真は、260度以上の工作用ハンダに指を突っ込んでかき回した時の写真。









著者は第一関節が隠れるくらいまで指を入れかき混ぜているのだが、無傷で済んでいる。
これも十分に熱く溶けた鉛に指が触れると、指の湿気が蒸発して、水蒸気の保護膜が出来たことによるものだ。

この他にも、猛毒で発火性の強い白リンをゴム手袋の上に塗りつけてみたり、
手にポリアクリル酸ナトリウムポリマーを塗りたくって炎を燃やしてみたりと、まさにやりたい放題である。







以下略


イカソース
http://honz.jp/articles/-/40358


2:名無しさん:2014/04/11(金)21:53:41 ID:YlQFWrbgX
怖い


3:名無しさん:2014/04/11(金)21:58:10 ID:RLgivXTdr
ヒューマントーチかよ

4:名無しさん:2014/04/11(金)21:58:18 ID:qtly0RfDW
肉とか魚も急速で超低温冷凍すると鮮度保てるから
人間もこれで冷凍人間にすればあとで戻せるかも

5:名無しさん:2014/04/11(金)22:07:52 ID:Pba7xchvt
>>4
そういう会社があったがつぶれたぞw

6:名無しさん:2014/04/12(土)00:01:16 ID:32Ecusb0E
まじかw
将来生き返ること期待して冷凍人間になった人達ポイー?

8:名無しさん:2014/04/12(土)02:11:33 ID:KQfVnHOEx
※良い子はマネしないでね!

9:名無しさん:2014/04/12(土)04:26:58 ID:JkcWklx7Z
一歩間違えたらやばい

【画像】マイナス195度の液体窒素に手を入れてみた

引用元:http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1397219944










フリーエリア
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フィギュア





フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア